トランプ氏が移民をいれたくない本音の部分

トランプ氏が移民を入れたがらないのは国民の職が奪われてしまうという経済の面だけではなく、
このままでは共和党の候補が選挙に勝てなくなってしまうという焦りが実際には大きな理由のように思えます。
つまり移民が増えれば増えるほど白人を主な支持基盤とする共和党の勢力が相対的に弱っていくのは目に見えているので、共和党の支持者であれば絶対に移民は入れたくないはず。
アメリカの保守派は要するに自分達白人を中心とした社会にしたいわけなので今後も移民お断りが基本スタンスになると思います。
それが民主党との違いでもでもあるわけです。
ただ難民や移民を受け入れたくないという話は今、世界のトレンドだしトロンプ氏はこうした非人道的な方向性でも暫くはやっていけると思います。
ヨーロッパでも移民問題が社会不安を引き起こす引き金になっているし、何もアメリカの共和党だけの問題ではないと考えれば人権度外視でかまわず突き進んでも多くの国民の支持は得られると思います。建前では移民を容認する民主党員でもその考えは同じだと思いますし。ミュゼ 360円 キャンペーン 予約